インプラントの種類と特徴

IMPLANTインプラントの種類と特徴


インプラントの種類と特徴

失ってしまった歯を、回復させる治療法です

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生えかわってきません。
そのため、今までは『入れ歯』などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。
しかし、『入れ歯』だと硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法『インプラント治療』をご紹介致します。

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタつかず、自分の歯のように噛めるようになります。

Each treatment case各治療ケースのご案内


1本の歯が欠けている場合

1本の歯が欠けている場合

インプラントの上の被せ物により、あなたの咀嚼機能と自然な風貌が回復するでしょう。

数本の歯が欠けている場合

数本の歯が欠けている場合

数本のインプラントにより支えられる繋がった被せ物か被せ物により、機能と顔立ちが回復するでしょう。

全ての歯が欠けている場合①

全ての歯が欠けている場合

5本あるいはそれ以上のインプラントにより、フルブリッジを固定します。

全ての歯が欠けている場合②

全ての歯が欠けている場合

インプラント用の入れ歯を2本あるいは、それ以上のインプラントとアタッチメントにより接続し、審美的、咀嚼機能を改善します。

Q&Aよくあるご質問


インプラント治療は誰でも受けられますか?
ほとんどの方が受けられますが、インプラントを埋め込む顎の骨の量が少ない場合は、骨移植を行ったり、特殊な処置によって、骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。しかし、骨などに大きな問題がある場合やその他主治医の判断で、インプラント治療が行えない場合もあります。
手術には入院が必要になりますか?
埋入する本数にもよりますが、ほとんどの場合、入院の必要はありません。むしろ手術後に歯根部が骨と結合するまでの期間(安静期間)の過ごし方のほうが、大切になります。
痛みや腫れはありますか?
麻酔をしますから、手術時にはそれほど痛みはありません。術後は多少の痛みと腫れが出る場合もあります。
治療期間はどれくらいかかりますか?
インプラントの種類・手術方法・先だって行う手術・処置、また下顎や上顎によっても異なります。さらに様々な検査や虫歯・歯周病・噛み合わせの治療などがあれば、その治療などの期間も加えると長くなる場合もあります。平均的には4~12ヵ月ほどです。
インプラントの手術は安全なのでしょうか?
手術前に各種の検査(必要であればCT撮影も行います)を行い、顎の骨の形や状態を正確に把握し、神経や血管などに十分配慮しながら手術を行うので、安全性にはほとんど問題ありません。
治療に関して解剖学的な理由などで、手術が困難だったり、手術の安全性に問題がある場合には、その旨説明させて頂きます。

Contact

いつでもお気軽にお立ち寄りください

診療受付時間
09:00~12:00
15:00~20:00   
14:00~17:00     

■混雑時間帯 平日/午後、夕方土日祝/午前、午後
■※年中無休です。
毎月第一土曜日は午前中のみの診療です。
※第一土曜日は午前中のみ診療

053-482-0888